大紀元時報

フィリピン大統領、難病の重症筋無力症を公表

2019年10月07日 18時53分
10月6日、フィリピンのドゥテルテ大統領(74・写真)は5日、自らが難病の重症筋無力症を患っており、その影響で片目のまぶたが垂れ下がると明らかにした。8月に北京で代表撮影(2019年 ロイター)
10月6日、フィリピンのドゥテルテ大統領(74・写真)は5日、自らが難病の重症筋無力症を患っており、その影響で片目のまぶたが垂れ下がると明らかにした。8月に北京で代表撮影(2019年 ロイター)

[マニラ 6日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領(74)は5日、自らが難病の重症筋無力症を患っており、その影響で片目のまぶたが垂れ下がると明らかにした。

訪問先のロシアで、フィリピン人コミュニティーに講演した際に述べた。

大統領は、片目が小さく見える原因は「筋肉の機能不全のため」と説明。この発言は、6日にフィリピンのメディアに送信された電子メールの中に含まれていた。

この疾患は筋肉を弱めるもので、完治できる有効な治療法は存在しないが、症状を緩和する方法はあるという。

^