大紀元時報

現時点で把握している限り、前回増税時のような駆け込みない=安倍首相

2019年10月09日 15時15分
10月9日、安倍晋三首相(写真)は午後の参院本会議での代表質問で、今回の消費税率引き上げに関連し、「十二分な対策を講じている」と述べ、「現時点で把握できる限りにおいて、(前回増税した)2014年のような大きな駆け込み需要は見られない」との認識を示した。9月に首相官邸で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)
10月9日、安倍晋三首相(写真)は午後の参院本会議での代表質問で、今回の消費税率引き上げに関連し、「十二分な対策を講じている」と述べ、「現時点で把握できる限りにおいて、(前回増税した)2014年のような大きな駆け込み需要は見られない」との認識を示した。9月に首相官邸で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 9日 ロイター] - 安倍晋三首相は9日午後の参院本会議での代表質問で、今回の消費税率引き上げに関連し、「十二分な対策を講じている」と述べ、「現時点で把握できる限りにおいて、(前回増税した)2014年のような大きな駆け込み需要は見られない」との認識を示した。

補正予算については「具体的に想定していない」としつつ、「下振れリスクが顕在化する場合は対策を講じる」との見解をあらためて示した。国民民主党の大塚耕平委員への答弁。

10日から予定されている米中通商協議に関して、米中の摩擦解消が世界・日本経済の安定に資するとして、「米中協議の進展に期待しつつ日本経済への影響に目配りし、経済運営に万全を期す」と強調した。

 

(竹本能文)

^