大紀元時報

米、イラン産原油の輸送を隠蔽した中国海運会社に警告=政権高官

2019年10月17日 08時51分
10月16日、米ホワイトハウスは中国の複数の海運会社に対し、米国の制裁に反してイラン産原油の輸送を隠蔽するため船舶のトランスポンダ(電波中継機)のスイッチを切ったとして警告している。写真はイランのアバダン製油所。イラク側から9月撮影(2019年 ロイター/Essam Al-Sudani)
10月16日、米ホワイトハウスは中国の複数の海運会社に対し、米国の制裁に反してイラン産原油の輸送を隠蔽するため船舶のトランスポンダ(電波中継機)のスイッチを切ったとして警告している。写真はイランのアバダン製油所。イラク側から9月撮影(2019年 ロイター/Essam Al-Sudani)

[ワシントン 16日 ロイター] - 米ホワイトハウスは中国の複数の海運会社に対し、米国の制裁に反してイラン産原油の輸送を隠蔽するため船舶のトランスポンダ(電波中継機)のスイッチを切ったとして警告している。米政権高官2人が明らかにした。

高官の1人は匿名を条件にロイターに対し、中国の海運会社に警告を発しているとした上で「非常に危険で無責任な行為だ」と述べた。

国際海事機関(IMO)は船舶に対し、安全と透明性のためトランスポンダの利用を義務付けている。乗組員は海賊行為などの危険があればトランスポンダのスイッチを切ることができる。しかし、違法行為の実行中に船舶の位置を隠すためにトランスポンダのスイッチが切られることがある。

トランプ米大統領がイラン産原油に対する制裁を再び科して以降、残っている輸入国として中国は最大のイラン産原油輸入国。トランプ大統領は5月、イラン産原油の輸出をゼロにするため米国の制裁を強化した。

米国は9月25日、制裁に反してイラン産原油を輸送したとして、5人の中国人と中国遠洋運輸(COSCO)傘下2社に制裁を科した。

数日後、リフィニティブ・アイコンの船舶追跡データによると、COSCO傘下の大連中遠海運油品運輸が保有する船舶の約3分の1にあたる14隻が、9月30日─10月7日にAIS(船舶自動識別装置)から位置情報の送信を停止した。

大連中遠海運油品運輸は電子メールで、保有する船舶ではいずれもAISコントローラーのスイッチを切ったり、AIS信号の送信を停止したりしたことはないと説明。「自社は引き続き、事業を運営するにあたって適用される法律と規制を順守する」とした。

^