大紀元時報

トランプ氏、EUとの摩擦解消に追加関税も 現時点で用意なし

2019年10月17日 08時50分
トランプ米大統領は16日、欧州からの輸入品に追加関税を課せば、欧米の貿易摩擦を即時に解決できるとしつつも、現時点で追加関税を課す用意はないと語った(2019年 ロイター/JONATHAN ERNST)
トランプ米大統領は16日、欧州からの輸入品に追加関税を課せば、欧米の貿易摩擦を即時に解決できるとしつつも、現時点で追加関税を課す用意はないと語った(2019年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[ワシントン 16日 ロイター] - トランプ米大統領は16日、欧州からの輸入品に追加関税を課せば、欧米の貿易摩擦を即時に解決できるとしつつも、現時点で追加関税を課す用意はないと語った。

トランプ大統領はマッタレッラ大統領との共同記者会見で「米労働者に公正な競争の場を確保するために、相互に有益となる欧州連合(EU)との通商合意実現に向けたイタリアの支援を歓迎する」と述べた。長年にわたり、米労働者には公正な場は与えられてこなかったとも付け加えた。

トランプ大統領は「問題を早急に解決することは可能」とした上で「欧州製品への関税を伴うため、それはあまりにも過酷だろう」とし、現時点でその用意はないと語った。

米政府は2日、EUからの輸入品に対して18日にも報復関税を発動すると発表。世界貿易機関(WTO)がEUの航空機大手エアバス<AIR.PA>補助金問題を巡り、米国が欧州製品75億ドル相当に報復関税を課すことを承認したことを受けた動き。

^