大紀元時報

北米トヨタ、タカタ製エアバッグ車のリコール・交換作業最終段階

2019年10月18日 14時44分
10月17日、トヨタ自動車の北米部門は、異常破裂の恐れがあるタカタ製エアバッグを搭載した乗用車のリコール(回収・無償修理)と交換作業が最終段階に入っていると発表した。写真は2013年4月、ウィーンで撮影(2019年 ロイター/Heinz-Peter Bader)
10月17日、トヨタ自動車の北米部門は、異常破裂の恐れがあるタカタ製エアバッグを搭載した乗用車のリコール(回収・無償修理)と交換作業が最終段階に入っていると発表した。写真は2013年4月、ウィーンで撮影(2019年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[17日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>の北米部門は17日、異常破裂の恐れがあるタカタ製エアバッグを搭載した乗用車のリコール(回収・無償修理)と交換作業が最終段階に入っていると発表した。対象車両は約92万8000台。

トヨタによると、タカタ製のエアバッグを他社製に交換する作業は、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)の日程より先行している。

タカタ製エアバッグの破裂に関連する死者は、米国の16人を含め、世界で少なくとも24人に上った。

この問題でタカタは2017年6月、破産法の適用を申請した。

^