大紀元時報

中東の安全確保へ、自衛隊派遣の検討を開始=菅官房長官

2019年10月19日 16時37分
10月18日、菅義偉官房長官は午後の会見で、中東地域の平和・安定と、日本に関係する船舶の安全確保のため、日本独自の取り組みとして自衛隊派遣の検討を開始すると発表した。写真は首相官邸で9月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)
10月18日、菅義偉官房長官は午後の会見で、中東地域の平和・安定と、日本に関係する船舶の安全確保のため、日本独自の取り組みとして自衛隊派遣の検討を開始すると発表した。写真は首相官邸で9月撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[東京 18日 ロイター] - 菅義偉官房長官は18日午後の会見で、中東地域の平和・安定と、日本に関係する船舶の安全確保のため、日本独自の取り組みとして自衛隊派遣の検討を開始すると発表した。

自衛隊の派遣に関しては、米国が提案する海洋安全保障イニシアティブには参加せず、艦艇派遣や既存の海賊対処部隊の活用の可能性を今後検討する。活動範囲はオマーン湾、アラビア海北部の公海などが中心で、防衛省設置法に基づく派遣となる。

 

(石田仁志)

^