大紀元時報

米軍、シリアからイラクに移動 100台以上が越境

2019年10月21日 18時50分
10月21日、米軍の部隊がシリアからイラク北部ドホーク県に入った。写真は撤退した米軍の車両。10月21日、イラクとシリアの国境で撮影(2019年 ロイター/Kawa Omar)
10月21日、米軍の部隊がシリアからイラク北部ドホーク県に入った。写真は撤退した米軍の車両。10月21日、イラクとシリアの国境で撮影(2019年 ロイター/Kawa Omar)

[ドホーク(イラク) 21日 ロイター] - 複数のロイター関係者は21日、米軍の部隊がシリアからイラク北部ドホーク県に入ったと明らかにした。

ロイターの映像では、米軍によるシリア撤収の一環として、装甲車両がイラクに移動するのが確認できる。ロイターのカメラマンは、100台以上が国境を越えるのを目撃したという。

イラクのクルド系治安筋もロイターに対し、米軍の部隊がイランのクルディスタン地域に入ったと述べた。イラク北部モスルの別の治安筋も、米軍がイラク側に入ったと語った。

エスパー米国防長官は19日、シリア北部から撤収中の米軍部隊約1000人全員をイラク西部に再配置する計画だと明らかにした。過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いを継続し「イラク防衛を助けるため」と説明した。[nL3N27613U]

^