大紀元時報

韓国前法相の妻を逮捕

2019年10月24日 13時26分
10月24日、韓国検察は、チョ・グク前法相(写真)の妻で大学教授のチョン・ギョンシム氏を逮捕した。写真はソウルで9月撮影(2019年 ロイター/Kim Hong-Ji)
10月24日、韓国検察は、チョ・グク前法相(写真)の妻で大学教授のチョン・ギョンシム氏を逮捕した。写真はソウルで9月撮影(2019年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 24日 ロイター] - 韓国検察は24日、チョ・グク前法相の妻で大学教授のチョン・ギョンシム氏を逮捕した。逮捕はチョ氏の家族の投資や子供の大学入学を巡る捜査の一環。

ソウル中央地裁が逮捕状の請求を認めた。国内メディアによると、逮捕容疑は文書偽造や不正な金融投資など。

チョン氏の弁護士は、逮捕容疑は事実無根だと主張している。

チョ氏は先週、就任から約1カ月で法相を辞任。同氏を任命を巡っては、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持者と反対派が大規模なデモを実施する事態となった。

大統領府は、チョン氏の逮捕ついてコメントを出していない。

主要野党の自由韓国党は逮捕を歓迎。チョ氏の聴取を要求している。

文大統領の支持率は、チョ氏の任命後、2カ月にわたって低下していたが、世論調査会社リアルメーターが今週実施した調査によると、大統領の支持率は45.4%に回復。2週間前は就任以来最低の41.4%に落ち込んでいた。

^