大紀元時報

トルコ大統領、トランプ氏と電話会談 来週予定通り訪米

2019年11月07日 13時01分
11月6日、トルコのエルドアン大統領は、トランプ米大統領と電話会談し、今月13日にワシントンで会談する日程を確認した。大阪サミットで6月撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)
11月6日、トルコのエルドアン大統領は、トランプ米大統領と電話会談し、今月13日にワシントンで会談する日程を確認した。大阪サミットで6月撮影(2019年 ロイター/Kevin Lamarque)

[イスタンブール 6日 ロイター] - トルコのエルドアン大統領は6日、トランプ米大統領と電話会談し、今月13日にワシントンで会談する日程を確認した。トルコ政府関係者が明らかにした。

トルコ政府の3人の関係者は今週初め、米下院がオスマン帝国末期のアルメニア人150万人の殺害をジェノサイド(民族虐殺)と認定する決議案と、トルコ政府高官や軍関係者に制裁を科すよう求める法案を可決したことを受け、エルドアン大統領が訪米を取りやめる可能性があると話していた。

しかし、政府関係者らは6日、訪米は予定通り行われると述べた。訪米はトランプ氏が招請していた。関係者によると、この日の電話会談では両国間の問題や中東情勢が話し合われたという。

米議会では、シリア北部でトルコが実施した軍事作戦や、トルコ政府によるロシアの地対空ミサイルシステム「S400」の購入を非難する声が強いが、トルコ政府筋は、エルドアン氏はトランプ氏と強い関係を持っていると語った。

^