大紀元時報

中国海運COSCO、ギリシャ最大のピレウス港に6億ユーロ投資へ

2019年11月12日 14時10分
11月11日、中国とギリシャは、中国海運大手の中国遠洋運輸(COSCO)がギリシャ最大の港であるピレウス港に6億ユーロを投資する計画を押し進めることで合意した。写真はピレウス港を視察する習近平国家主席(左)とギリシャのミツォタキス首相。代表撮影(2019年 ロイター)
11月11日、中国とギリシャは、中国海運大手の中国遠洋運輸(COSCO)がギリシャ最大の港であるピレウス港に6億ユーロを投資する計画を押し進めることで合意した。写真はピレウス港を視察する習近平国家主席(左)とギリシャのミツォタキス首相。代表撮影(2019年 ロイター)

[アテネ 11日 ロイター] - 中国とギリシャは11日、中国海運大手の中国遠洋運輸(COSCO)がギリシャ最大の港であるピレウス港<OLPr.AT>に6億ユーロを投資する計画を押し進めることで合意した。

ギリシャと中国は、中国の習近平国家主席のギリシャ公式訪問に合わせて16件の通商協定に調印しており、COSCOの投資計画はこのうちの1件。

COSCOは2009年にピレウス港のコンテナ貨物埠頭の改修と運用について期間35年の利権を取得し、以来、両国は協力関係を強めている。COSCOは16年にはピレウス港の株式の51%を取得した。

COSCOは22年までの3億ユーロ投資に加えて6億ユーロの投資を行うと約束しており、ピレウス港を欧州最大の商業港に育てる計画。

欧州投資銀行(EIB)は11日、COSCOのピレウス港向け投資を支援するために1億4000万ユーロ(1億5400万ドル)の融資を延長することに合意した。

習氏は、中国はギリシャのエネルギーや運輸、銀行などのセクターへの投資の拡大も望んでいると述べた。

ただ、ギリシャ国内には中国企業が主要港の利権を握ることへの反発もあり、ギリシャは先月、ピレウス港に新たなコンテナターミナルを設置したいというCOSCOからの提案については時期尚早として拒否した。

^