大紀元時報

中国初の国産空母、台湾海峡を通過

2019年11月18日 09時06分
11月17日、台湾国防部(国防省)は、中国初の国産空母が艦隊を組んで台湾海峡を通過したと発表した。写真は中国初の国産空母「遼寧」が大連を出港するところ。2018年12月27日撮影(2019年 ロイター/Stringer)
11月17日、台湾国防部(国防省)は、中国初の国産空母が艦隊を組んで台湾海峡を通過したと発表した。写真は中国初の国産空母「遼寧」が大連を出港するところ。2018年12月27日撮影(2019年 ロイター/Stringer)

[台北 17日 ロイター] - 台湾国防部(国防省)は17日、中国初の国産空母が艦隊を組んで台湾海峡を通過したと発表した。

艦隊は台湾海峡を南下。日米の艦艇が追尾したという。台湾海峡を通過した正確な時期は明らかにしていない。

台湾は「国家の安全と地域の平和・安定を維持するため」艦艇と航空機を緊急発進させて艦隊を監視したという。

台湾では同日、独立志向の与党・民主進歩党(民進党)の蔡英文総統が来年の総統選で戦う副総統候補を指名。呉ショウ燮外交部長(外相)は台湾が怖気つくことはないと表明した。

中国国防省のコメントは取れていない。

^