大紀元時報

米ITC、中国製マットレスのダンピング認定

2019年11月20日 10時14分

[ワシントン 19日 ロイター] - 米国際貿易委員会(ITC)は19日、中国製マットレスが米国内で不当に安い価格で売られており、米産業が阻害されていると認定した。これを受け、商務省が反ダンピング(不当廉売)関税を課す可能性がある。

ITCは完全な報告書を12月30日までに公表する。

商務省は5月、中国製マットレスが米国内で不当廉売されているとの判断を下し、暫定的に税率57─1731%の反ダンピング関税を発動させる意向を示していた。

この問題を巡っては米マットレスメーカーのサータ・シモンズ・ベディング、レゲット・アンド・プラット<LEG.N>、テンピュール・シーリー・インターナショナル<TPX.N>などが調査を要請していた。

商務省によると、2017年の中国製マットレス輸入は4億3650万ドルだった。

^