大紀元時報

失効迫るGSOMIA、韓国側に賢明な対応を要請=菅官房長官

2019年11月22日 12時35分
11月22日、菅義偉官房長官は閣議後の会見で、23日午前零時に失効が迫る日韓GSOMIA(軍事情報包括保護協定)について、韓国側に引き続き賢明な対応を求めていると述べた。写真は2012年8月16日、東京の韓国大使館前で撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)
11月22日、菅義偉官房長官は閣議後の会見で、23日午前零時に失効が迫る日韓GSOMIA(軍事情報包括保護協定)について、韓国側に引き続き賢明な対応を求めていると述べた。写真は2012年8月16日、東京の韓国大使館前で撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 22日 ロイター] - 菅義偉官房長官は22日午前の閣議後会見で、23日午前零時に失効が迫る日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、破棄の方針を示す韓国側に引き続き賢明な対応を求めていると述べた。

韓国側が協定失効回避には日本側が対韓輸出管理強化を撤回することが必要としていることについては、「韓国に賢明な対応を求める立場に変わりない」と繰り返した。

^