大紀元時報

台湾、防衛力強化に向け米国の軍事専門家を招待へ

2019年12月03日 13時41分
12月2日、台湾国防部(国防省)は2日、中国からの軍事的脅威の増大に対応するため、米国から軍事専門家を招き、防衛力強化について助言を求める方針を明らかにした。写真は台北で2018年3月撮影(2019年 ロイター/Tyrone Siu)
12月2日、台湾国防部(国防省)は2日、中国からの軍事的脅威の増大に対応するため、米国から軍事専門家を招き、防衛力強化について助言を求める方針を明らかにした。写真は台北で2018年3月撮影(2019年 ロイター/Tyrone Siu)

[台北 2日 ロイター] - 台湾国防部(国防省)は2日、中国からの軍事的脅威の増大に対応するため、米国から軍事専門家を招き、防衛力強化について助言を求める方針を明らかにした。

台湾国防部は声明を発表し「台湾に専門家グループを招待するため、兵器購入契約モデル」を使う予定だとし、「国軍の建設や戦争準備の参考にするため米軍の実際の経験を活用することを望んでいる」と説明した。

さらに「これは台湾と米国の軍事交流および協力計画であり、双方の安全保障上の提携を強化・深化させ、地域の平和と安定を一段と確実にすることを後押しする」としている。

台湾は、来年1月の総統選を控えて中国が台湾を威嚇しようとしているとの見方を示している。

台湾を領土の一部と主張する中国は、台湾近辺で軍事活動を活発化しており、先月には同国初の国産空母が台湾海峡を通過した。中国海軍は科学調査と演習のために南シナ海に向かっていると明らかにした。

^