大紀元時報

16年米大統領選へのウクライナ介入説、米高官「証拠ない」と否定

2019年12月04日 15時20分
12月3日、ヘール米国務次官(政治担当)は3日、上院外交委員会の公聴会で、2016年の米大統領選にウクライナが介入した証拠はないとの認識を示し、トランプ大統領や同氏の一部支持者が主張する説を否定した(2019年 ロイター/Tom Brenner)
12月3日、ヘール米国務次官(政治担当)は3日、上院外交委員会の公聴会で、2016年の米大統領選にウクライナが介入した証拠はないとの認識を示し、トランプ大統領や同氏の一部支持者が主張する説を否定した(2019年 ロイター/Tom Brenner)

[ワシントン 3日 ロイター] - ヘール米国務次官(政治担当)は3日、上院外交委員会の公聴会で、2016年の米大統領選にウクライナが介入した証拠はないとの認識を示し、トランプ大統領や同氏の一部支持者が主張する説を否定した。

トランプ氏と一部の共和党議員は16年の大統領選に介入しようとしたのはロシアではなく、ウクライナだとの見方を示している。

へール次官は、米大統領選へのロシア介入疑惑は「でっち上げ」だとの見方に同意するかとの質問に「ノー」と回答。

そのような説を裏付ける証拠を認識しているかとの問いに「していない」と応じた。

トランプ氏はウクライナのゼンレンスキー大統領との7月の電話会談で、16年大統領選にウクライナが介入した可能性や、米民主党の電子メールサーバーが同国に隠されている可能性について調査するよう求めた。

両首脳の電話会談は民主党が主導する下院でのトランプ氏弾劾調査の焦点となっている。

米国家安全保障会議(NSC)のヒル元上級部長(欧州、ロシア担当)は、11月下旬に行われた下院情報特別委員会の公聴会で、ウクライナによる16年大統領選への干渉疑惑はロシアが拡散した「作り話」だと証言した。

^