大紀元時報

米大統領、日米貿易協定に来週署名=USTR代表

2019年12月05日 10時48分
ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は4日、日米貿易協定が参院本会議で承認されたことを歓迎するとし、トランプ米大統領は来週、関連文書に署名するとの見通しを示した。写真は9月にニューヨークで協定に署名する米中両首脳(2019年 ロイター/JONATHAN ERNST)
ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は4日、日米貿易協定が参院本会議で承認されたことを歓迎するとし、トランプ米大統領は来週、関連文書に署名するとの見通しを示した。写真は9月にニューヨークで協定に署名する米中両首脳(2019年 ロイター/JONATHAN ERNST)

[ワシントン 4日 ロイター] - ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は4日、日米貿易協定が参院本会議で承認されたことを歓迎するとし、トランプ米大統領は来週、関連文書に署名するとの見通しを示した。

参院での承認を受け、同協定は2020年1月に発効する見通し。発効により日本が米国から輸入する牛肉などの関税が環太平洋連携協定(TPP)の締結国と同水準まで下がる一方、日本から米国に輸出する工作機械などの関税は撤廃される。

ライトハイザー代表は「経済規模が世界第1位の米国と第3位の日本との協定を日本が迅速に承認したことを歓迎する」とし、「トランプ大統領は来週、関連文書に署名すると予想している」と述べた。

参院は電子商取引などのルールを定めるデジタル貿易協定の承認案も可決。ライトハイザー氏は、日米は貿易協定、およびデジタル貿易協定の来年1月1日付での発効を目指していると述べた。

^