大紀元時報

米、イランが攻撃なら均衡の取れない手段で反撃=トランプ大統領

2020年01月06日 15時07分
1月5日、トランプ米大統領はイランが米国の個人や他の標的を攻撃した場合、米国は均衡の取れない手段で速やかに反撃するだろうと述べた。3日撮影(2020年 ロイター/Eva Marie Uzcategui)
1月5日、トランプ米大統領はイランが米国の個人や他の標的を攻撃した場合、米国は均衡の取れない手段で速やかに反撃するだろうと述べた。3日撮影(2020年 ロイター/Eva Marie Uzcategui)

[ワシントン 5日 ロイター] - トランプ米大統領は5日、イランが米国の個人や他の標的を攻撃した場合、米国は均衡の取れない手段で速やかに反撃するだろうと述べた。

ツイッターへの投稿で「これらのメディアへの投稿は、イランが米国の個人や標的を攻撃すれば、米国は速やかに、かつ徹底的に反撃し、おそらく不つり合いな手段になることを米議会に通知する役目を果たすだろう。そうした法的通知の義務ないものの、通知する」と語った。

米軍は3日、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を殺害。両国の緊張が高まっている。

^