大紀元時報

豪首相、森林火災対応で訪日延期 死者23人に

2020年01月06日 15時07分
1月4日、オーストラリアのモリソン首相は、今月予定していた日本とインドへの公式訪問の延期を公表した。写真は豪ニューサウスウェールズ州の火災による煙で太陽光がさえぎられる様子(2020年 ロイター/Tracey Nearmy)
1月4日、オーストラリアのモリソン首相は、今月予定していた日本とインドへの公式訪問の延期を公表した。写真は豪ニューサウスウェールズ州の火災による煙で太陽光がさえぎられる様子(2020年 ロイター/Tracey Nearmy)

[メルボルン 4日 ロイター] - オーストラリアのモリソン首相は4日、今月予定していた日本とインドへの公式訪問の延期を公表した。豪州で拡大している森林火災に対処するため、インドのモディ首相と高橋礼一郎駐豪大使に日程変更を要請したと記者団に語った。

モリソン首相は森林火災が広がるさなかの昨年12月、休暇で米ハワイに家族旅行に出かけて厳しい批判を浴び、旅行を切り上げて謝罪した。首相によると、昨年9月から続く森林火災による死者は23人に達した。

^