大紀元時報

米国が反撃すれば、中東の全面戦争につながる=イラン大統領顧問

2020年01月08日 14時27分
1月8日、イランのヘサメディン・アシェナ大統領顧問は8日、米国がイランのミサイル攻撃に反撃すれば、中東地域の全面戦争につながるとツイッターに投稿した。写真はイランのロウハニ大統領。昨年12月都内での代表撮影(2020年/ロイター)
1月8日、イランのヘサメディン・アシェナ大統領顧問は8日、米国がイランのミサイル攻撃に反撃すれば、中東地域の全面戦争につながるとツイッターに投稿した。写真はイランのロウハニ大統領。昨年12月都内での代表撮影(2020年/ロイター)

[ドバイ 8日 ロイター] - イランのヘサメディン・アシェナ大統領顧問は8日、米国がイランのミサイル攻撃に反撃すれば、中東地域の全面戦争につながるとツイッターに投稿した。

同顧問は「米国が軍事行動で反撃すれば、地域の全面戦争につながる。ただサウジは別の道を行くかもしれない。完全な平和を享受できるかもしれない!」と述べた。

イランとサウジアラビアは過去数十年間、イラク、シリア、イエメンなど中東地域で「代理戦争」を繰り広げているが、イランは繰り返し、サウジにイランとの関係改善を求めている。

^