大紀元時報

アフリカ最大都市ラゴスで経済活動停止、新型コロナで封鎖拡大

2020年04月01日 07時21分
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、アフリカのナイジェリアで首都アブジャが2週間のロックダウン(都市の封鎖)に入ったほか、商業都市ラゴスの経済活動がほぼ停止した(2019年 ロイター/TEMILADE ADELAJA)
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、アフリカのナイジェリアで首都アブジャが2週間のロックダウン(都市の封鎖)に入ったほか、商業都市ラゴスの経済活動がほぼ停止した(2019年 ロイター/TEMILADE ADELAJA)

[ラゴス 31日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、アフリカのナイジェリアで首都アブジャが2週間のロックダウン(都市の封鎖)に入ったほか、商業都市ラゴスの経済活動がほぼ停止した。

アフリカ最大の都市であるラゴスの人口は約2000万人。普段は混雑している市内の道路は閑散とし、経済活動はほぼ停止した。

アフリカ大陸では南アフリカが27日にロックダウンを開始。ボツワナは31日に非常事態宣言を行い、4月2日深夜から28日間のロックダウンに入る。

ロイターの集計によると、アフリカ大陸の新型ウイルスの感染者数は31日時点で少なくとも5300人、死者は170人以上。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^