大紀元時報

米保健当局、市民のマスク着用勧告を検討 新型コロナ拡大防止へ

2020年04月01日 11時21分
3月31日、米保健当局者は、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として一般市民にマスクの着用を勧告するかどうか議論していることを明らかにした。写真はホワイトハウスで、25日撮影(2020年 ロイター/Jonathan Ernst)
3月31日、米保健当局者は、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として一般市民にマスクの着用を勧告するかどうか議論していることを明らかにした。写真はホワイトハウスで、25日撮影(2020年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 31日 ロイター] - 米保健当局者は31日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として一般市民にマスクの着用を勧告するかどうか議論していることを明らかにした。ただ、現時点では時期尚早とした。

米国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は、医療機関以外でも幅広くマスクを着用する案について、米疾病対策センター(CDC)が検討しており、ホワイトハウスの新型コロナ対策本部で31日に議論されると明らかにした。

同所長はCNNで「これまでは医療従事者へのマスク供給が不足しないよう配慮してきた」とした上で、供給が十分な状況になれば、マスク着用の勧告を拡大する案を非常に真剣に検討すると言明。「まだそうした状況にはないが、何らかの決定に近付いている。感染しているかしていないか分からない人が他者にうつさないようにするためには、マスク着用が最も有効な対策の1つになる」と語った。

市民によるマスク着用が検討されている背景には、症状が出ていないため感染に気付いていない人がウイルスを拡散するのを防ぐ狙いがある。

トランプ大統領は31日夜、医療従事者のマスクが不足しないよう、一般市民にはマスクではなくスカーフを使用するよう求めると述べた。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^