大紀元時報

米新型コロナ感染患者、糖尿病や心臓疾患などの持病目立つ=調査

2020年04月01日 14時00分
3月31日、米疾病対策センター(CDC)が公表したリポートによると、新型コロナウイルス感染で入院した患者の基礎疾患では、糖尿病、心臓疾患、慢性的な呼吸器疾患が最も多くみられた。米ラスベガスの駐車場で、市民の体温をはかる医学生。30日撮影(2020年 ロイター/Steve Marcus)
3月31日、米疾病対策センター(CDC)が公表したリポートによると、新型コロナウイルス感染で入院した患者の基礎疾患では、糖尿病、心臓疾患、慢性的な呼吸器疾患が最も多くみられた。米ラスベガスの駐車場で、市民の体温をはかる医学生。30日撮影(2020年 ロイター/Steve Marcus)

[31日 ロイター] - 米疾病対策センター(CDC)が31日公表したリポートによると、新型コロナウイルス感染で入院した患者の基礎疾患では、糖尿病、心臓疾患、慢性的な呼吸器疾患が最も多くみられた。ただ、重症化して集中治療室(ICU)に入った人の中でも、約20%はそうした持病がなかった。

CDCは、7162人のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)患者の初期段階のデータを分析した。それによると37.6%は何らかの基礎疾患を抱えていた。

ICUにいる患者で基礎疾患がある人は78%だった。うち、糖尿病を抱えている人は32%、循環器疾患は29%、慢性肺疾患は21%、慢性腎臓病は12%、免疫システムが低下している人は9%だった。

ICUに入っていない入院患者でも71%は基礎疾患があった。

一方、入院していな感染者で基礎疾患がある人は27%だった。

ただ、基礎疾患がなくてもICUで治療が必要だった人は22%で、持病がなくても重症化するリスクがあることが明らかになった。

CDCは、基礎疾患の程度が重症化リスクとどのように関連しているかはまだ分かっていないとしている。

米国では、成人の10.1%は糖尿病、10.6%は心臓疾患、5.9%は慢性閉塞性肺疾患(COPD)の持病があり、喘息を患っている人は全ての年齢層で7.9%と推計されている。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^