大紀元時報

きょう新型コロナ専門家会議を開催、緊急宣言の状況でない=西村再生相

2020年04月01日 14時00分
4月1日、西村康稔経済再生相(写真)は同日に新型コロナウイルス感染症に関する専門家会議を開催し、直近の感染状況を聞きたいと述べた。2019年撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
4月1日、西村康稔経済再生相(写真)は同日に新型コロナウイルス感染症に関する専門家会議を開催し、直近の感染状況を聞きたいと述べた。2019年撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 1日 ロイター] - 西村康稔経済再生相は1日の参院決算委員会で、同日に新型コロナウイルス感染症に関する専門家会議を開催し、直近の感染状況を聞きたいと述べた。緊急事態宣言については、今現在発動する状況にないとの見解を繰り返した。吉田忠智委員(立憲・国民、新緑風会・社民)への答弁。

西村再生相は、新型コロナ特措法の定める緊急事態宣言の発動要件について、感染元の確認できない感染の拡大や海外からの輸入症例、医療体制への影響などを総合的に判断すると説明。現時点では、瀬戸際の状況が続いていると述べた。

<緊急事態宣言、安倍首相「スピード感も必要」>

安倍晋三首相も、緊急事態宣言については「今、この時点で出す状況ではない」と述べ、「基本的に、何よりも国民の命と健康を守ることを第一に判断して行きたい」と説明した。一方で、発動する際は「厳しい状況ということで、スピード感も必要」と強調した。

 

 

(竹本能文)

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^