大紀元時報

緊急事態宣言は事前に国会報告、国民へは首相から説明=官房長官

2020年04月06日 14時14分
菅義偉官房長官は6日、緊急事態宣言を行う際には、諮問委員会での専門家の意見を聞いて総合判断するほか、事前に国会に報告することが基本対処方針で定められていると述べた。都内で1日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
菅義偉官房長官は6日、緊急事態宣言を行う際には、諮問委員会での専門家の意見を聞いて総合判断するほか、事前に国会に報告することが基本対処方針で定められていると述べた。都内で1日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 6日 ロイター] - 菅義偉官房長官は6日午前の会見で、緊急事態宣言を行う際には、諮問委員会での専門家の意見を聞いて総合判断するほか、事前に国会に報告することが基本対処方針で定められていると述べた。国民には、安倍晋三首相から説明する機会を設けるという。

ただ、諮問委員会から意見を聞く予定があるかとの質問には「承知してしない」と答えた。

経済対策を数回にわたって行うかについては、まずは今回分をとりまとめて補正予算を成立させ各種の支援を速やかに行うとし、その後の状況をよく見極めて検討したいとした。

 

 

(中川泉 編集:田中志保)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^