大紀元時報

サウジとの減産合意「非常に近い」、ロシア要人が明言

2020年04月07日 07時08分
ロシア政府系投資ファンドのトップで、ロシア側交渉団の一員でもあるキリル・ドミトリエフ氏(写真)は6日、CNBCに対し、ロシアとサウジアラビアが原油減産合意に「非常に、非常に近付いている」と述べた。2019年6月、サンクトペテルブルクで撮影(2020年 ロイター)
ロシア政府系投資ファンドのトップで、ロシア側交渉団の一員でもあるキリル・ドミトリエフ氏(写真)は6日、CNBCに対し、ロシアとサウジアラビアが原油減産合意に「非常に、非常に近付いている」と述べた。2019年6月、サンクトペテルブルクで撮影(2020年 ロイター)

[モスクワ/ロンドン 6日 ロイター] - ロシア政府系投資ファンドのトップで、ロシア側交渉団の一員でもあるキリル・ドミトリエフ氏は6日、CNBCテレビに対し、ロシアとサウジアラビアが原油減産合意に「非常に近づいている」という認識を示した。

同氏は「市場全体はこの合意が重要であり、市場に大きな安定性、とても重要な安定性をもたらすと理解していると私は考えており、われわれは非常に近づいている」と述べた。

複数の関係筋によると、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国による「OPECプラス」の協議は9日にテレビ会議の形で開催される予定。ロシア側の関係者らによると、同国には大幅減産の用意があるものの、他国も減産することが条件という。ロシアのエネルギー省からコメントは得られていない。

ノルウェーの石油省は6日、OPECプラスの会合にノルウェーが招待されており、オブザーバーとして参加を検討していると明らかにした。幅広い合意が得られれば、減産に応じる意向だという。

*内容を追加しました。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^