大紀元時報

愛知県、緊急事態地域への追加を要請 政府と調整=大村知事

2020年04月09日 11時44分
4月9日、愛知県の大村秀章知事は9日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく政府の緊急事態宣言の対象地域に愛知県を加えるよう8日付で国に要請し、現在「濃密な調整を行っている」と明らかにした。名古屋駅前で2017年10月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)
4月9日、愛知県の大村秀章知事は9日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく政府の緊急事態宣言の対象地域に愛知県を加えるよう8日付で国に要請し、現在「濃密な調整を行っている」と明らかにした。名古屋駅前で2017年10月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 9日 ロイター] - 愛知県の大村秀章知事は9日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく政府の緊急事態宣言の対象地域に愛知県を加えるよう8日付で国に要請し、現在「濃密な調整を行っている」と明らかにした。10日午後には、愛知県としての緊急事態宣言を発出し経済対策も決定する。自民党愛知県議・市議団からも要請を受け取ったとしている。

要請理由について大村知事は「毎日2ケタの県内感染者(増加)が続き、経路不明の感染者も増えてきている」と説明。「この1週間を見ると非常に危険な状況」であり、「東京・大阪から新幹線ですぐに移動できる」と危機感を示した。すでに「緊急事態宣言発出の準備を進めてきた」という。

国との調整については「ほぼ終わっている」とし、国としての正式な判断のタイミングは専門家メンバー次第と説明した。緊急事態宣言の期間は5月6日まで。

飲食店などに対する休業要請については「国や(緊急事態宣言の対象となっている)7都府県と足並みをそろえる」とした。仮に発動すれば「相当なインパクトがあるため軽々にこうだとは言いにくい」と述べ、まずは「不要不急の外出自粛を強力にお願いしたい」と強調した。

*内容を追加します。

 

 

(竹本能文)

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^