大紀元時報

ラガルドECB総裁、大規模な債務帳消しに否定的

2020年04月09日 18時37分
欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁(写真)は9日、新型コロナウイルス危機を受けて大規模な債務の帳消しが実行される可能性に否定的な見方を示した。2月17日、ベルギーのブリュッセルで撮影(2020年 ロイター/Francois Lenoir)
欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁(写真)は9日、新型コロナウイルス危機を受けて大規模な債務の帳消しが実行される可能性に否定的な見方を示した。2月17日、ベルギーのブリュッセルで撮影(2020年 ロイター/Francois Lenoir)

[パリ 9日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は9日、新型コロナウイルス危機を受けて大規模な債務の帳消しが実行される可能性に否定的な見方を示した。

総裁はラジオ「France Inter」とのインタビューで「それは私にとって全く考えられないことに思える。今は債務帳消しの質問をするのに適切な時期ではなく、われわれは経済の維持に集中している」と説明。「われわれは後で、最も効率の高い債務支払いと財政運営の手法を検討するだろう」と付け加えた。

ドラギ前ECB総裁は、企業債務の帳消しを求めている。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^