大紀元時報

中国、新型コロナ検査強化へ 再発リスクに警戒

2020年04月10日 11時06分
中国政府は、新型コロナウイルスが国境付近から拡大するのを防ぐため、対策を強化する方針。同国では一部地区で新たなクラスター(感染者集団)が発生しており、再発リスクが依然残っている。江西省南昌のマスク工場で8日撮影(2019年 ロイター/China Daily CDIC)
中国政府は、新型コロナウイルスが国境付近から拡大するのを防ぐため、対策を強化する方針。同国では一部地区で新たなクラスター(感染者集団)が発生しており、再発リスクが依然残っている。江西省南昌のマスク工場で8日撮影(2019年 ロイター/China Daily CDIC)

[北京 9日 ロイター] - 中国政府は、新型コロナウイルスが国境付近から拡大するのを防ぐため、対策を強化する方針。同国では一部地区で新たなクラスター(感染者集団)が発生しており、再発リスクが依然残っている。

声明によると、李克強首相が議長を務める新型コロナ対策に関する会合で、患者と無症状の感染者を特定するために検査を強化することが決まった。

検査技術を向上し、抗体医薬品やワクチンの開発を加速させる意向も示した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^