大紀元時報

シンガポール、教員の「ズーム」使用を停止 「重大事案」発生で

2020年04月10日 15時43分
4月10日日、シンガポール教育省は、教員にビデオ会議サービスの米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが提供するアプリ「ズーム」の使用を停止するよう指示した。写真はズーム・ビデオ・コミュニケーションズのロゴ。ニューヨークで昨年4月撮影(2020年 ロイター/Carlo Allegri)
4月10日日、シンガポール教育省は、教員にビデオ会議サービスの米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが提供するアプリ「ズーム」の使用を停止するよう指示した。写真はズーム・ビデオ・コミュニケーションズのロゴ。ニューヨークで昨年4月撮影(2020年 ロイター/Carlo Allegri)

[シンガポール 10日 ロイター] - シンガポール教育省は10日、教員にビデオ会議サービスの米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ<ZM.O>が提供するアプリ「ズーム」の使用を停止するよう指示した。新型コロナウイルス感染拡大を受けてオンライン授業を実施するなかで「極めて重大な事案」が発生したという。

現地の報道によると、10代の女子学生に対し地理の授業をオンライン配信していた際に、わいせつな画像やコメントが表示されたケースなどがあった。

教育省幹部は「教育省はいずれの件についても調査を進めており、必要があれば警察にも協力を求める」と述べ、安全性の問題が解決されるまでは、教員による「ズーム」の使用は停止するとした。

台湾とドイツも「ズーム」の使用を制限したほか、アルファベット<GOOGL.O>傘下の米グーグルも、社内のラップトップパソコンからズームのデスクトップ版を利用することを禁止している。

「ズーム」を巡っては、会話内容が末端まで暗号化されていないことや、データ通信が中国を経由することが懸念されている。また、悪意ある第三者が会話を妨害する「ズーム爆弾」と呼ばれる事例も報告されている。

米カリフォルニア州バークレーの高校でも、パスワードで保護されているはずの会話にわいせつ画像が割り込んだ事例を受け、「ズーム」使用を停止している。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^