大紀元時報

スペイン封鎖解除へ状況見極め、13日から一部企業が再開準備

2020年04月13日 10時42分
スペインのサンチェス首相は12日、新型コロナウイルスの感染防止に向けたロックダウン(都市封鎖)措置について、解除を進めるかは状況次第、との考えを示した。写真は4月10日、南部のロンダで撮影(2020年 ロイター/Jon Nazca)
スペインのサンチェス首相は12日、新型コロナウイルスの感染防止に向けたロックダウン(都市封鎖)措置について、解除を進めるかは状況次第、との考えを示した。写真は4月10日、南部のロンダで撮影(2020年 ロイター/Jon Nazca)

[マドリード 12日 ロイター] - スペインのサンチェス首相は12日、新型コロナウイルスの感染防止に向けたロックダウン(都市封鎖)措置について、解除を進めるかは状況次第、との考えを示した。

スペインでは3月中旬からロックダウンを行っている。政府は11日、建設や製造など一部セクターの13日からの再開に向け、企業が適切な感染防止備品を準備し、従業員間の距離を少なくとも2メートルに保つことなどをガイドラインで示した。

サンチェス氏は12日の会見で「われわれは、通常の生活を始める段階からまだほど遠い。ただ、勝利に向けた最初の確固たる措置に着手した」と語った。

専門家委員会の意見を踏まえての決定だと説明し、進展状況をみながらさらに解除を進める考えを示した。

そのうえで「進展がなければ制限措置を続けるか、もしくは強化することもある」と強調した。

保健省の12日データによると、新型コロナによる1日の死者は619人と3日ぶりに増加した。死者の合計は1万6972人。感染者は約2.6%増え16万6019人だった。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^