大紀元時報

米シェール生産、4月は日量19.4万バレル減へ 過去最大の減少

2020年04月14日 09時20分
米エネルギー情報局(EIA)によると、4月の米シェール生産量は日量19万4000バレル減の同870万バレル前後となり、過去最大の減少幅を記録する見通しだ。原油価格の急落を受けて各社が生産縮小に動いている。写真はOPEC本部。4月9日、オーストリアのウィーンで撮影(2020年 ロイター/Leonhard Foeger)
米エネルギー情報局(EIA)によると、4月の米シェール生産量は日量19万4000バレル減の同870万バレル前後となり、過去最大の減少幅を記録する見通しだ。原油価格の急落を受けて各社が生産縮小に動いている。写真はOPEC本部。4月9日、オーストリアのウィーンで撮影(2020年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 米エネルギー情報局(EIA)によると、4月の米シェール生産量は日量19万4000バレル減の同870万バレル前後となり、過去最大の減少幅を記録する見通しだ。原油価格の急落を受けて各社が生産縮小に動いている。

シェール生産はここ数カ月にわたり減少していたが、新型コロナウイルスの感染拡大で世界の原油需要が約30%落ち込む中、産油量の減少は加速が予想される。

EIAは、5月の米シェール生産も日量18万3000バレル減少し、同853万バレルになると予想している。予想通りなら、2019年6月以来の低水準となり、減少は6カ月連続となる。

米エネルギー省の統計によると、米原油生産は2019年11月に過去最高の日量1290万バレルを記録。このうちシェール生産は同910万バレルを占め、同じく過去最高だった。

新型ウイルスの世界的流行を受けた需要の落ち込みに加え、サウジアラビアとロシアの価格競争を受けた供給増加が重しとなり、原油価格<LCOc1><CLc1>は第1・四半期に65%超下落した。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国にロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」は12日、5─6月に日量970万バレルの減産を行うことで合意した。他の産油国による減産や戦略備蓄の積み増しなども考慮すると、実際の減産規模は最大で世界の原油供給の約20%に当たる日量1950万バレルに達するとみられている。[nL3N2C12QR]

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^