大紀元時報

ドイツの新型コロナ感染、拡大は終息していない=研究所所長

2020年04月14日 20時33分
4月14日、ドイツのロベルト・コッホ研究所のウィーラー所長は、国内の新型コロナウイルスの新規の感染者が減っていることについて、復活祭(イースター)休暇で検査が減ったことが原因である可能性が高く、感染の拡大はまだ終息していないとの見方を示した。独ギーセンの病院で代表撮影(2020年 ロイター)
4月14日、ドイツのロベルト・コッホ研究所のウィーラー所長は、国内の新型コロナウイルスの新規の感染者が減っていることについて、復活祭(イースター)休暇で検査が減ったことが原因である可能性が高く、感染の拡大はまだ終息していないとの見方を示した。独ギーセンの病院で代表撮影(2020年 ロイター)

[ベルリン 14日 ロイター] - ドイツのロベルト・コッホ研究所のウィーラー所長は14日、国内の新型コロナウイルスの新規の感染者が減っていることについて、復活祭(イースター)休暇で検査が減ったことが原因である可能性が高く、感染の拡大はまだ終息していないとの見方を示した。

同研究所はこの日、新型コロナの感染者が2082人増え12万5098人になったと発表。新規の感染者は4日連続で減少した。

死者は170人増え2969人となった。

同所長は定例会見で「終息についてまだ語ることはできない。依然として感染者は多い。ペースは鈍化しつつある」と述べた。

同所長は国民に対し、引き続き社会的距離を保つよう要請。ドイツでは1人の感染者から平均1.2人前後に感染していると推定し「これを1人以下に下げたい。これが重要な要素になる」と述べた。

ドイツは新型コロナ対策の一環で、学校、商店、レストラン、遊技場、スポーツ施設を閉鎖。多くの企業が業務を停止している。

アルトマイヤー経済相は朝のテレビ番組で、封鎖措置の緩和について「今後数日で明らかになるだろう」と発言。解除が早すぎて再び全面的な封鎖措置が必要になるリスクを政府は十分に認識していると述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^