大紀元時報

英グラクソと仏サノフィ、新型コロナワクチンの共同開発で提携

2020年04月15日 11時31分
薬製薬大手の英グラクソ・スミスクライン(GSK)と仏サノフィは14日、新型コロナウイルスの治療ワクチンを共同開発すると発表した。 写真はグラクソが開発した帯状疱疹予防ワクチンShingrix。1月9日、米ユタ州プロボで撮影(2020年 ロイター/George Frey)
薬製薬大手の英グラクソ・スミスクライン(GSK)と仏サノフィは14日、新型コロナウイルスの治療ワクチンを共同開発すると発表した。 写真はグラクソが開発した帯状疱疹予防ワクチンShingrix。1月9日、米ユタ州プロボで撮影(2020年 ロイター/George Frey)

[14日 ロイター] - 製薬大手の英グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>と仏サノフィ<SASY.PA>は14日、新型コロナウイルスの治療ワクチンを共同開発すると発表した。 

GSKとサノフィはこのワクチンの臨床試験を今年下期に開始する見通しを示した。試験が成功すれば、ワクチンは来年下期に利用できるようになる。

両社は、サノフィの新型コロナウイルス抗原性薬剤と、GSKのパンデミック(世界的大流行)対応のアジュバント技術を組み合わせて、免疫反応を高めるアジュバントと呼ばれる効能促進剤を加えたワクチンを開発する。 

両社はまた、研究試料提供契約も締結済みで、直ちに共同開発を開始できる態勢を整えた。

一方、英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>も同日、新型コロナウイルス感染症の重症患者の過剰免疫反応を抑える効果を調べるため、抗がん剤「カルケンス」の臨床試験を開始すると発表した。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^