大紀元時報

G20、貧困国に最大140億ドルの債務返済猶予を検討=当局者

2020年04月15日 11時36分
20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁は、貧困国に対して最大140億ドルの債務返済を猶予することを検討している。ドイツ政府当局者が14日、匿名を条件に明らかにした。写真は2019年6月、大阪市で撮影(2020年 ロイター/Kevin Lamarque)
20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁は、貧困国に対して最大140億ドルの債務返済を猶予することを検討している。ドイツ政府当局者が14日、匿名を条件に明らかにした。写真は2019年6月、大阪市で撮影(2020年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ベルリン 14日 ロイター] - 20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁は、貧困国に対して最大140億ドルの債務返済を猶予することを検討している。ドイツ政府当局者が14日、匿名を条件に明らかにした。

同当局者は、国際通貨基金(IMF)や世界銀行が呼び掛けた債務返済猶予が、15日に示されるG20財務相・中央銀行総裁の行動計画の重要部分になる見通しだと述べた。

「ドイツは国内と欧州だけでなく世界でも責任を果たそうとしている。最貧国支援に向けIMFと世銀が呼び掛けた債務返済猶予を支持するものそのためだ」と語った。

この計画は全てのG20債権国とパリクラブ(主要債権国会議)メンバー国が支持しているという。

同当局者は「われわれは最大140億ドルの返済猶予について協議している。最貧国は後で返済することが認められ、COVID─19(新型コロナウイルス感染症)関連対策に資金を充てることが可能になる」とし、「歴史的な対応といえるだろう」と指摘した。

債務軽減については新型コロナ感染拡大による経済的影響がより明確になった時点で年内に議論するべきだとした。

IMFは13日、新型コロナの世界的流行を受け、最貧国など25カ国を対象に債務返済を猶予すると発表した。

*画面に正しく表示されなかったため、再送しました。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^