大紀元時報

豪のコロナ感染増加は低水準続く、首相は教員に職場復帰呼びかけ

2020年04月15日 18時01分
4月15日、オーストラリアのモリソン首相は、子どもたちが新型コロナウイルスの無言の被害者になる可能性があるとし、教員に業務復帰を呼びかけた。写真はシドニー国際空港で3月撮影(2020年 ロイター/LOREN ELLIOTT)
4月15日、オーストラリアのモリソン首相は、子どもたちが新型コロナウイルスの無言の被害者になる可能性があるとし、教員に業務復帰を呼びかけた。写真はシドニー国際空港で3月撮影(2020年 ロイター/LOREN ELLIOTT)

[メルボルン/シドニー 15日 ロイター] - オーストラリアのモリソン首相は15日、子どもたちが新型コロナウイルスの無言の被害者になる可能性があるとし、教員に業務復帰を呼びかけた。

首相はフェイスブックへの投稿で、保健当局によると子供の登校による感染リスクは低いと述べた。しかし厳しいソーシャル・ディスタンス(社会的距離)政策が継続するなか、一部の州では子供を家庭にとどめるよう求めている。また労組からは教員の感染リスクが指摘されている。

モリソン首相は、特に貧困の家族を中心に子供が1年分の教育を失う恐れがあると強調、医療現場やスーパーマーケットで働く「偉大な英雄」たち同様、教室に戻るよう教員に求めた。

オーストラリアでこれまでに確認された感染者数は累計で約6400人、死者は61人。1日当たりの感染者増加率は1桁台前半にとどまっているが、過去1週間に少数の集団感染(クラスター)が発生している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^