大紀元時報

JAL、羽田第1ターミナル北ウイング出発階を17日から閉鎖

2020年04月15日 17時58分
4月15日、日本航空(JAL)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う需要減退に対応するため、17日から当面の間、羽田空港第1ターミナル北ウイング(出発エリア)を閉鎖すると発表した。写真は羽田空港で2013年2月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)
4月15日、日本航空(JAL)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う需要減退に対応するため、17日から当面の間、羽田空港第1ターミナル北ウイング(出発エリア)を閉鎖すると発表した。写真は羽田空港で2013年2月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 15日 ロイター] - 日本航空(JAL)<9201.T>は15日、新型コロナウイルス感染拡大に伴う需要減退に対応するため、17日から当面の間、羽田空港第1ターミナル北ウイング(出発エリア)を閉鎖すると発表した。

閉鎖中は南ウイングで搭乗手続き・保安検査・ラウンジサービスを実施する。

羽田空港第2ターミナルの国際線施設も11日から閉鎖している。再開時期は未定。ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)<9202.T>が運航する国際線は、第3ターミナルを利用する。

(新田裕貴)

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^