大紀元時報

英国、新型コロナ感染は「恐らくピーク」 封鎖解除は時期尚早

2020年04月16日 12時33分
4月15日、英国の新型コロナウイルス感染状況について専門家や当局者は、恐らくピークに達しつつあるが、行動制限の解除は時期尚早だと指摘する。ロンドン中心部で撮影(2020年 ロイター/John Sibley)
4月15日、英国の新型コロナウイルス感染状況について専門家や当局者は、恐らくピークに達しつつあるが、行動制限の解除は時期尚早だと指摘する。ロンドン中心部で撮影(2020年 ロイター/John Sibley)

[ロンドン 15日 ロイター] - 英国の新型コロナウイルス感染状況について専門家や当局者は、恐らくピークに達しつつあるが、行動制限の解除は時期尚早だと指摘する。

新型コロナ対策で政府に提言を行うクリス・ホウィッティ医師は定例会見で「恐らく、おおむねピークに達しつつあるようだ」と述べた。そのうえで「『ピークを過ぎた。次の段階について考え始めることができる』と確信を持って問題なく言える段階ではまだない」と説明した。

国内の病院でCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)で死亡した人は1万2868人以上。ただ、高齢者介護施設など、病院以外で死亡した人を含めた英国立統計局(ONS)のデータに基づくと、死者数は政府がこれまでに発表した数よりも多い可能性がある。

ホウィッティ氏は、1日当たりの死者数はデータ間に差があるため、数日以内に増える可能性があると述べた。

政府は16日に、3月23日から導入しているロックダウン(都市封鎖)の延長を発表すると予想されている。

ジョンソン首相が新型コロナ感染症から回復するまで代理を務めるラーブ外相は、16日午前に閣議を開き、午後も対策委員会と会議を開き、ロックダウンについて決定する。

保健当局は15日、新型コロナ感染症による死者が14日夕時点で1万2868人と、前日から761人増加したと発表した。1日の死者数としては前日の778人から減少した。

英国での死者数は米国、イタリア、スペイン、フランスに次いで世界で5番目に多い。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^