大紀元時報

米共和党議員ら、WHO資金拠出停止を支持 事務局長の辞任求める

2020年04月17日 10時11分
4月16日、米下院外交委員会の17人の共和党議員は、トランプ大統領に書簡を送り、新型コロナウイルスへの対応を巡り世界保健機関(WHO)への資金拠出を停止するとした大統領の決定を支持するとし、拠出再開の条件としてWHOのテドロス事務局長(写真)の辞任を求めた。2月28日、ジュネーブで撮影(2020年 ロイター/Denis Balibouse)
4月16日、米下院外交委員会の17人の共和党議員は、トランプ大統領に書簡を送り、新型コロナウイルスへの対応を巡り世界保健機関(WHO)への資金拠出を停止するとした大統領の決定を支持するとし、拠出再開の条件としてWHOのテドロス事務局長(写真)の辞任を求めた。2月28日、ジュネーブで撮影(2020年 ロイター/Denis Balibouse)

[ワシントン 16日 ロイター] - 米下院外交委員会の17人の共和党議員は16日、トランプ大統領に書簡を送り、新型コロナウイルスへの対応を巡り世界保健機関(WHO)への資金拠出を停止するとした大統領の決定を支持するとし、拠出再開の条件としてWHOのテドロス事務局長の辞任を求めた。

トランプ氏は14日、新型コロナへのWHOの対応を巡り、検証作業を進める間、資金拠出を一時的に停止すると表明した。

共和党議員らは書簡で、テドロス事務局長に対する信頼感が失われたとし、現在の世界的なウイルス感染拡大は、WHOと中国共産党に責任があると指摘した。一方で、WHOが国際機関として担う「重要な役割」は評価した。

トランプ氏の資金拠出停止決定に対しては、各国首脳や医療専門家、民主党から批判が相次いでいる。WHOは再編が必要かもしれないが、世界が新型コロナ危機の真っただ中にある状況で、米国は資金拠出を停止すべきでないとの声が出ている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^