大紀元時報

英政府のファーウェイ5G限定参入容認は「確固たる決定」=高官

2020年04月22日 04時13分
英外務省高官のサイモン・マクドナルド氏は21日、今年1月に発表された中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)による5G通信網への限定的参入容認は「確固たる決定」で、議論が再び再開されることはないとの見方を示した。北京で昨年1月撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)
英外務省高官のサイモン・マクドナルド氏は21日、今年1月に発表された中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)による5G通信網への限定的参入容認は「確固たる決定」で、議論が再び再開されることはないとの見方を示した。北京で昨年1月撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)

[ロンドン 21日 ロイター] - 英外務省高官のサイモン・マクドナルド氏は21日、今年1月に発表された中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]による次世代(5G)通信網への限定的参入容認は、自身が知る限り「確固たる決定」であり、議論が再び再開されることはないとの見方を示した。

また「中国は英国にとって非常に重要なパートナーであり、ファーウェイを巡る決定と戦略的に独立した関係の構築は両立可能」と述べた。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^