大紀元時報
独占インタビュー

バノン氏:パンデミックに多くの中国人も怒っている

2020年05月14日 09時04分

中国政府によるアメリカ批判が過熱している。特に、中国国営メディアはマイク・ポンペオ国務長官やトランプ政権の元首席戦略官スティーブ・バノン氏に照準を合わせ、バッシングを浴びせている。

バノン氏に対する批判は、彼が亡命した武漢研究所の科学者と接触したという噂が関係しているのか。今回のウイルス感染は、天安門事件時を上回る世界の反発を招くのか。世界はパンデミックの責任を追及し、中国共産党の崩壊を促すのか。

「War Room:Pandemic」(パンデミック作戦室)で新型コロナウイルスの最新情報を配信するスティーブ・バノン氏に話を聞いた。

 

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^