大紀元時報

EU、中国の香港安全法可決を非難 関係国と対応協議へ

2020年07月01日 07時57分
6月30日、欧州連合(EU)のミシェル大統領は中国が香港国家安全維持法案を可決したことを非難した。写真は2018年6月、中国の北京で撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)
6月30日、欧州連合(EU)のミシェル大統領は中国が香港国家安全維持法案を可決したことを非難した。写真は2018年6月、中国の北京で撮影(2020年 ロイター/Jason Lee)

[ブリュッセル 30日 ロイター] - 欧州連合(EU)のミシェル大統領は30日、中国が香港国家安全維持法案を可決したことを非難した。

大統領は韓国大統領とのビデオ会談後の会見で「決定を非難する。香港の高度な自治を大きく阻害し、法の支配と司法の独立をに悪影響を及ぼす」と述べた。

韓国との首脳会議では香港問題も協議され、欧州委員会のフォンデアライエン委員長は、「どう対応するか細心の注意を払う」と述べ、関係各国と協議するとしたものの、詳細は明らかにしなかった。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^