大紀元時報

ブラジル、コロナ感染者150万人突破へ 抑制策緩和で悪化懸念

2020年07月05日 15時01分
ブラジルの新型コロナウイルス感染者数の累計が3日にも150万人を超える見通しとなった。写真は7月2日、サンパウロで撮影(2020年 ロイター/Amanda Perobelli)
ブラジルの新型コロナウイルス感染者数の累計が3日にも150万人を超える見通しとなった。写真は7月2日、サンパウロで撮影(2020年 ロイター/Amanda Perobelli)

[サンパウロ 3日 ロイター] - ブラジルの新型コロナウイルス感染者数の累計が3日にも150万人を超える見通しとなった。ブラジルの感染者数は米国に次いで世界で2番目に多い。感染拡大に歯止めがかからない中でも、リオデジャネイロでレストランやバーの営業が再開され、状況悪化が懸念されている。

リオデジャネイロでは2日夜にバーなどが営業を再開。サンパウロでは来週、レストランやバーなどの営業が再開される。

ブラジルの感染による死者数は6万人を超えており、リオデジャネイロでは過去4カ月に6600人を超える人が死亡した。死者数がこの水準を超えている国は14カ国のみ。市内の公営病院の集中治療室(ICU)の占有率は70%となっている。

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^