大紀元時報

県をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない=感染拡大で官房長官

2020年07月06日 19時59分
7月6日、菅義偉官房長官(写真)は午後の会見で、新型コロナウイルスの感染者が同日に東京都で102人確認され、5日連続で感染者が100人超になったことに関連し、県をまたぐ移動の自粛について、一律に要請する必要があるとは考えていないと述べた。首相官邸で2017年5月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)
7月6日、菅義偉官房長官(写真)は午後の会見で、新型コロナウイルスの感染者が同日に東京都で102人確認され、5日連続で感染者が100人超になったことに関連し、県をまたぐ移動の自粛について、一律に要請する必要があるとは考えていないと述べた。首相官邸で2017年5月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 6日 ロイター] - 菅義偉官房長官は6日午後の会見で、新型コロナウイルスの感染者が同日に東京都で102人確認され、5日連続で感染者が100人超になったことに関連し、県をまたぐ移動の自粛について、一律に要請する必要があるとは考えていないと述べた。

東京都が他県への外出自粛を要望し、国と違う内容を示していることに対し、菅官房長官は「東京都と調整していきたい」と述べた。

ただ、現在の東京都の対応については「それは東京都の判断なのだろう」と語った。

また、東京都での感染者が増加していることについては、東京都での重症者が9人にとどまっているとも説明。今後の推移を見ていく方針を改めて示した。

一方、九州での大雨被害では、熊本県で死者19人、心肺停止6人、安否不明13人のほか、災害との関連があるかどうか調査中の死者が24人であると語った。

 

(田巻一彦)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^