大紀元時報

国安法で香港からの出国制限も、治安当局に立入・捜索権限

2020年07月07日 08時20分
香港政府は6日、先月30日に施行された香港国家安全維持法(国安法)の細則を新たに公表した。写真は警官隊に自転車で突っ込んだ男を取り押さえる警官ら。1日撮影のビデオから(2020年 ロイター/TSANG CHI HO)
香港政府は6日、先月30日に施行された香港国家安全維持法(国安法)の細則を新たに公表した。写真は警官隊に自転車で突っ込んだ男を取り押さえる警官ら。1日撮影のビデオから(2020年 ロイター/TSANG CHI HO)

[香港 6日 ロイター] - 香港政府は6日、先月30日に施行された香港国家安全維持法(国安法)の細則を新たに公表した。それによると、治安当局は証拠物を押収するため各所への立ち入りや捜索を行う権限を持つほか、調査中の人物が香港を離れようとした場合、制限することができる。

国家安全保障を脅かす違反行為に絡む収益は差し押さえの対象となり得る。また外国や台湾の政治組織は、香港に関する活動の情報を提供することが義務付けられる。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^