大紀元時報

家賃支援給付金、14日から申請受付開始=梶山経産相

2020年07月07日 14時47分
7月7日、梶山弘志経済産業相(写真)は閣議後会見で、第2次補正予算に盛り込まれた家賃支援給付金について、14日から申請の受付を開始すると述べた。写真は都内で昨年10月撮影(2020年 ロイター/ISSEI KATO)
7月7日、梶山弘志経済産業相(写真)は閣議後会見で、第2次補正予算に盛り込まれた家賃支援給付金について、14日から申請の受付を開始すると述べた。写真は都内で昨年10月撮影(2020年 ロイター/ISSEI KATO)

[東京 7日 ロイター] - 梶山弘志経済産業相は7日の閣議後会見で、第2次補正予算に盛り込まれた家賃支援給付金について、14日から申請の受付を開始すると述べた。7日に申請手順や必要書類等が分かる申請要領を公表する。

家賃支援給付金は、昨年の売り上げと比べ、今年5月から12月のいずれか1カ月で50%以上減少したか、連続する3カ月で30%以上減少した事業者を対象に、賃料の一部の半年分、最大600万円を支給するもの。予算は2兆0242億円が計上されている。

家賃支援給付金の事務事業はリクルートが受託。デロイトトーマツコンサルティング、凸版印刷、ベルシステム24、TMJ、ニューズベースがコンソーシアムを組んでいる。

 

(清水律子)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^