大紀元時報

米CDC、学校再開の新指針公表へ トランプ氏の批判受け

2020年07月09日 08時31分
ペンス米副大統領は8日、疾病対策センターが学校再開に向けた新たなガイドラインを公表すると明らかにした。トランプ大統領(写真)は同日、CDCの従来指針を「過度に厳格でコスト高」と批判していた。7日撮影(2020年 ロイター/KEVIN LAMARQUE)
ペンス米副大統領は8日、疾病対策センターが学校再開に向けた新たなガイドラインを公表すると明らかにした。トランプ大統領(写真)は同日、CDCの従来指針を「過度に厳格でコスト高」と批判していた。7日撮影(2020年 ロイター/KEVIN LAMARQUE)

[ワシントン 8日 ロイター] - ペンス米副大統領は8日、疾病対策センター(CDC)が学校再開に向けた新たなガイドライン(指針)を公表する計画だと明らかにした。トランプ大統領は同日、CDCの従来指針を「過度に厳格でコスト高」と批判していた。

11月の大統領選で再選を目指すトランプ大統領は、ツイッターに「大統領選前までに学校を再開すれば、政治的に不利になると民主党は考えるだろうが、学校再開は子どもや家族にとって重要だ。学校を再開しなければ、連邦補助金を断つ可能性がある!」と投稿。一部欧州諸国では問題なく学校を再開しているとも指摘した。

また、「CDCによる非常に厳格で金のかかる学校再開の指針に反対する。学校に非実現的なことを求めている。話をつける!!!」とも主張していた。

ペンス副大統領は保健・教育担当の政権高官らと共に新型コロナウイルス対策本部の会見を行い、CDCが来週に新たな指針を発表すると明かし、「大統領は厳しすぎる指針は求めていないと表明した」と述べた。

一方、CDCのレッドフィールド所長は、指針は義務ではないとし、「こうした指針が学校を再開しないための根拠に利用されているなら、個人的に非常に残念だ」と話した。

CDCはこれまで、新型コロナ検査やクラス分割、カフェテリアではなく教室での昼食提供など、学校向けにさまざまな勧告をしてきた。

ホワイトハウスの報道官はその後、学校再開に関する指針を修正するようCDCに圧力をかけていないと主張。新型コロナ対応でCDCとトランプ大統領はほぼ一致していると強調した。

デボス教育長官は「最終的には、学校が再開すべきかどうかの問題ではなく、単に方法の問題だ。学校は完全に再開する必要がある」と述べた。

合衆国憲法の下、各州政府が初等・中等教育の責任を負い、連邦政府は補助金を支給する。

トランプ氏は前日に、新型コロナ感染者数は増加しているものの、学校を秋に再開させるよう各州知事に圧力をかけると発言。「再開の時だ。感染が再拡大すれば、感染の火を消し止める」と述べた。

*内容を追加しました。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^