大紀元時報

大気汚染、北京・上海に死者4.9万人と230億ドルの経済損失=研究

2020年07月10日 10時01分
7月9日、環境問題の研究グループがオンライン上に立ち上げた「空気清浄化カウンター」によると、今年1月1日以降、大気汚染によって北京と上海だけで推定4万9000人の死者と230億ドルの経済的損失がもたらされた。写真はスモッグで覆われた上海の様子。2018年11月撮影(2020年 ロイター/Aly Song)
7月9日、環境問題の研究グループがオンライン上に立ち上げた「空気清浄化カウンター」によると、今年1月1日以降、大気汚染によって北京と上海だけで推定4万9000人の死者と230億ドルの経済的損失がもたらされた。写真はスモッグで覆われた上海の様子。2018年11月撮影(2020年 ロイター/Aly Song)

[上海 9日 ロイター] - 環境問題の研究グループが9日、オンライン上に立ち上げた「空気清浄化カウンター」によると、今年1月1日以降、大気汚染によって北京と上海だけで推定4万9000人の死者と230億ドルの経済的損失がもたらされた。

 

ヘルシンキに拠点を置く大気汚染の研究機関「CREA」や国際環境NGO(非政府組織)グリーンピース東南アジア支部などが協力し、世界28都市の大気汚染を測定、それが引き起こす健康被害と経済的な損失を計算した。

それによると、大気汚染の打撃が最も大きかったのはインドのニューデリーで、1月1日以降におよそ2万5000人が死亡、国内総生産(GDP)の5.8%が失われた。

上海での年初来の死者は約2万7000人となり、北京の約2万2000人を上回った。CREAのアナリストは「上海の大気汚染が北京よりも深刻であることが明らかになった」と指摘した。

中国政府の公式データによると、今年上半期には、大気中に浮遊している微小粒子状物質(PM2.5)は上海よりも北京の方が多かったという。一方、上海では二酸化硫黄と二酸化窒素の値が高かった。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^