大紀元時報

GoToキャンペーンの延期、全く考えていない=官房長官

2020年07月13日 19時37分
7月13日、菅官房長官は、観光割引のGoToキャンペーンを延期しないのかとの質問に対し、延期する考えは全くないとの見解を示した。写真は4月、羽田空港で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)
7月13日、菅官房長官は、観光割引のGoToキャンペーンを延期しないのかとの質問に対し、延期する考えは全くないとの見解を示した。写真は4月、羽田空港で撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 13日 ロイター] - 菅義偉官房長官は13日午後の会見で、観光割引のGoToキャンペーンが7月22日からスタートすることになっている一方、東京都などでの新型コロナウイルス感染者が増加しており、同キャンペーンを延期しないのかとの質問に対し、延期する考えは全くないとの見解を示した。

 

コロナ感染者の増加で旅行に対する不安感が高まっているが、菅官房長官は「感染状況を注視しているが、感染拡大防止と社会・経済の回復を図ることを両立させることが大事であるというのが政府の基本方針である」と指摘。7月22日からGoToキャンペーンをスタートさせることが逆効果との見方を否定。延期についても「全く考えていない」と述べた。

菅官房長官が感染者の半分を東京都内の感染者が占め、「東京問題」と発言したことに対し、東京都の小池百合子知事がGoToキャンペーンなど政府の問題と反論したことには「コメントは差し控えたい」と述べるにとどまった。

一方、安倍晋三首相が13日、熊本県の豪雨被害の被災地を視察し、4000億円超の対策費を予備費から支出する方針を打ち出したことに関連し、菅官房長官は地元のニーズを十分にくみ取って、早急に具体的な政策対応パッケージを作成したいと表明した。ただ、いつまでに取りまとめるのか具体的な時期は明言しなかった。

 

(田巻一彦 編集:内田慎一)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^