大紀元時報

英国のファーウェイ完全排除、米制裁が決め手=首相報道官

2020年07月16日 00時36分
英首相報道官は15日、政府が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)製品を第5世代(5G)移動通信システムから完全排除する方針に転換したことについて、米国の制裁措置が決め手になったと明らかにした。写真は米英首脳。英ワトフォードで昨年12月撮影(2020年 ロイター/Peter Nicholls)
英首相報道官は15日、政府が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)製品を第5世代(5G)移動通信システムから完全排除する方針に転換したことについて、米国の制裁措置が決め手になったと明らかにした。写真は米英首脳。英ワトフォードで昨年12月撮影(2020年 ロイター/Peter Nicholls)

[ロンドン 15日 ロイター] - 英首相報道官は15日、政府が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]製品を第5世代(5G)移動通信システムから完全排除する方針に転換したことについて、米国の制裁措置が決め手になったと明らかにした。

報道官は記者団に対し「米国が5月に発表した制裁措置の影響を踏まえ、英政府は方針転換を決定した。米国の制裁措置は過去に例のないもので、英国家サイバーセキュリティーセンター(NCSC)は見解を変更するに至った。米国の制裁措置を受け、NCSCは将来的にファーウェイの機器の安全性を保証できなくなった」と述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^