大紀元時報

英アストラゼネカのコロナワクチン、20日に初期治験結果公表

2020年07月16日 10時05分
英医学誌ランセットは15日、英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大学が共同で開発している新型コロナウイルスワクチンについて、初期臨床試験(治験)の結果を20日に公表すると明らかにした。英マックルズフィールドで2014年5月撮影(2020年 ロイター/Phil Noble)
英医学誌ランセットは15日、英製薬大手アストラゼネカと英オックスフォード大学が共同で開発している新型コロナウイルスワクチンについて、初期臨床試験(治験)の結果を20日に公表すると明らかにした。英マックルズフィールドで2014年5月撮影(2020年 ロイター/Phil Noble)

[ロンドン 15日 ロイター] - 英医学誌ランセットは15日、英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>と英オックスフォード大学が共同で開発している新型コロナウイルスワクチンについて、初期臨床試験(治験)の結果を20日に公表すると明らかにした。

ワクチン候補「AZD1222」はすでに大規模な第3相臨床試験に入っているが、第1相試験の結果はまだ公表されていない。

ランセットの広報担当者は「論文は現在最終編集中で、7月20日に公表される」と述べた。

アストラゼネカとオックスフォード大学は今月に入り、これまでに確認された免疫効果に満足しているとの見解を表明。世界保健機関(WHO)のチーフ・サイエンティストは6月、開発が進められているワクチン候補の中で「AZD1222」が最も進んでいる可能性があるとの見方を示している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^